夜の上海

美しい場所…。

8月

09

「債券運用」とは?


債券運用とは、資金を増やしたいと思っている人が、自らの資金を一定期間貸し出すことにより、配当として資金を受け取るという、資産運用の手段です。

金利が高い場合には、その金利で利益を得ることができ、金利が下がった場合には、債券価格の上昇によって、利益を得ることができるといった仕組みになっています。

国が国民から、資金を調達する際に発行する債券を「国債」、企業が資金を調達する際に発行する債券を「社債」といいます。

この債券運用には、以下の2つの種類があります。

パッシブ運用

市場の平均的なリターンのほうを重視し、金利の予想は重視しない、債券運用の方法です。
詳しい分析や調査が行われないため、手数料や運用報酬といったコストが低く、利益も安定性があります。

アクティブ運用

市場の平均以上の成果をも目標としている、債券運用の方法です。
パッシブ運用よりはリスクが高いものの、その分大きな利益が期待できます。

債券運用をする際には、これらの運用スタイルもきちんと把握することで、利益に繋がってきます。

コメントを残す