映画 「夜の上海」の紹介

「夜の上海」あらすじ

「夜の上海」は2007年に公開された映画のタイトルです。
アカデミー賞受賞作品映画「おくりびと」で、俳優の地位を更に確立する事になる本木雅弘さん演じています。

映画のあらすじを少しだけ説明しますと、ヘアメイクアーティスト本木雅弘演じる水島直樹は、音楽祭の仕事の為に上海へ。
音楽祭を無事に終え、夜の上海の街へ1人で出かけるのですが迷子になってしまいます。

 

街を彷徨っていると、中国人女性ドライバーの運転するタクシーに接触されます。
女性ドライバーはずっと好きだった男性に他の女性との結婚話を聞かされたばかりで心が動揺しています。

迷ってしまった事を、片言やジェスチャーで説明する水木直樹を乗せ、彼女の運転するタクシーは夜の上海を走ります。
言葉の壁がある二人ですが、車内でどんどん打ち解け、お互いに張り詰めた心が癒されていく…

 

水木直樹も日本に彼女が居るのですが、うまく行っておらず、言葉より雰囲気で癒し合うといったあらすじです。
夜の上海で見知らぬ2人がひょんな事で知り合い、癒される何かを感じれるのは、

お互いを全く知らなかったと言う後ろ盾もあり、一気に距離を縮める事が出来たのでしょう。
水島直樹には日本に長年連添う彼女が居るけど上手くいってないし、中国人の女性ドライバーは失恋したばかり…

恋の悩みや不安は、国境を越え言葉の壁を越えオーラだけでも充分慰め合えたのでしょうね。
短いあらすじでは説明に至りませんが映画のシュチュエーションに「羨ましい」と思った方も多いでしょうね。

 

映画の中の夜の上海の美しさ、映画のあらすじも然る事ながら背景の魅惑的な映像も是非ご覧下さい。
竹中直人演じるコーディネーターも良い味出してます。